子宮筋腫の種類

子宮筋腫とは

子宮に出来る良性の腫瘍を言います。悪性の子宮がんとは別物で、30歳代の女性なら、20%から30%の確率で、子宮筋腫にかかっていると言われています。そのうち手術などの治療が必要なケースは3%ほどと言われています。

子宮筋腫に関しては、今だハッキリした原因は究明されていませんが、女性ホルモンに関しての何らかの障害によると考えられています。その傷害の原因については諸説混交で、女性の出産率や環境ホルモン、食生活やストレスなど色々な仮説が立てられています。

至急近視の症状は、腰痛、出血、貧血、頻尿など、個人差があって、症状だけで子宮筋腫と診断する事は、専門医でも困難と言われています。兎も角も子宮筋腫と診断されても、慌てる必要はなく、子宮筋腫と知らないまま、閉経を迎える人もいるくらいです。

子宮筋腫の特徴

子宮筋腫の特徴は、症状が現れにくいと言う点です。女性の30%近くが子宮筋腫になっていると言われているにもかかわらず、ほとんどの人が気付かないまま閉経を迎えてしまいます。子宮筋腫になると、月経過多、生理痛、貧血を起こす場合がありますが、妊娠中でも子宮筋腫は大きくなります。

しかし女性ホルモンの分泌が減少した場合、子宮筋腫も小さくなり、このような症状を繰り返しながら、閉経を迎えると、子宮筋腫は小さくなっていきます。このような経過を見せる子宮筋腫は、その発生発育に女性ホルモンの分泌が深い関わりがあるとされていて、女性ホルモンの分泌がもっとも多くなる30歳代を境に、子宮筋腫の症状が顕著に現れる傾向にあります。

子宮筋腫の種類

子宮筋腫には、発生する場所によって幾つかの種類があります。子宮の構造は三角形をした子宮腔の粘膜層を、2cm程度のの子宮筋層と言われる伸縮性のある平滑筋が覆っていて、更にその表面をしょう膜と言う薄い筋肉が包んだ形になっています。

子宮の先端部分には膣があり、外性器に繋がっています。子宮筋腫は、これらの子宮の組織に出来ますが、子宮の外側を覆っているしょう膜の下に出来る子宮筋腫をしょう膜下筋腫、子宮筋に出来る子宮筋腫を筋層内筋腫、子宮腔に出来る子宮筋腫を粘膜下筋腫と言います。

通常一番多い症例は、筋層内筋で子宮筋腫全体の70%に及びます。次にしょう膜下筋腫腫ですが子宮筋腫の20%、粘膜下筋腫は最も少なく10%となっています。

子宮筋腫とガン

子宮筋腫と診断された人は、子宮筋腫が腫瘍と聞かされるとガンと勘違いされる方も多くいらっしゃいます。しかし子宮筋腫と子宮ガンとは全く別物です。

子宮筋腫は女性の30%以上がかかっている病気で、月経や妊娠の時など女性ホルモンの分泌の多いときに、お腹野の痛みや腰痛、貧血などがひどくなる事はあっても、生死に関わるような問題にはなりません。

子宮筋腫は腫瘍と言っても良性のもので、悪性腫瘍のガンのように、増殖して身体の組織を破壊するような事はありません。

ただし子宮筋腫が不妊の原因になることも有りますから、その点は注意が必要です。子宮筋腫が見つけられるのは、定期検診の子宮ガンの検査の場合が多いですが、ほとんどは経過観察をして、変化がなければ、治療の必要もありません。

しょう膜下筋腫

しょう膜下筋腫は、子宮の一番外側の組織であるしょう膜と子宮筋層と言われる1~2cmの厚さの筋肉層の間にできる子宮筋腫です。

しょう膜下筋腫は、子宮の外側に向かって大きくなる特徴があり、かなり大きくなる傾向にありますが、ほとんど痛みを感じることもなく、人によっては太ったと勘違いされるケースもあるほどです。

不妊などの障害を起こす事もほとんどなく、自覚症状のないまま閉経を迎えるタイプの子宮筋腫で、子宮筋腫の20%ぐらいがしょう膜下筋腫といわれています。

ただししょう膜下筋腫は大きくなると、下腹部のしこりや腹痛、頻尿などの症状が出る場合があります。
また症例は少ないのですが、子宮の外側に伸びたしょう膜下筋腫が捻転を起こすと、激しい腹痛に見舞われる場合があります。

筋層内筋腫

筋層内筋腫は、子宮筋層と言われる平滑筋の内にできる子宮筋腫です。子宮筋腫の中で最も多い症例ですが、大きくならなけば、さしたる問題は起こしません。

大きくなると子宮を変形させる恐れがあり、過多月経や腹痛、腰痛などの他に、不妊などの原因となります。場合によっては妊娠しても流産してしまう場合もあり、注意が必要です。

月経時や妊娠時などの女性衣ホルモンの分泌が活発になると大きくなる特徴があります。その時期を過ぎると、月経の症状とともに治まり、小さくなるりますが、毎回月経が過多月経の場合は、慢性化して子宮が変形している場合も考えられますから、不妊に悩んでいる方は、早めに婦人科の診察を受けることが不可欠です。

粘膜下筋腫

子宮筋腫の中でも、症例が最も少ない子宮筋腫が粘膜下筋腫です。およそ子宮筋腫の10%が粘膜下筋腫と言われています。粘膜下筋腫は、子宮の子宮内膜の下に出来る子宮筋腫で、最も重篤な子宮筋腫の部類に入ります。

粘膜下筋腫の特徴は、子宮内部に向かって大きくなることで、外に向かって大きくなるしょう膜下筋腫とは正反対です。大きさに関わらず出血を起こしやすくなり、過多月経などの傾向を示すのも、粘膜下筋腫の特徴ですが、受精卵の着床する子宮内膜の近くに出来るため、不妊や流産の原因になることが多く、粘膜下筋腫が大きくなると、筋腫分娩と言われる、腫瘍が膣からはみ出してくることも有ります。

過多月経のひどい人は、婦人科の診察は不可欠です。


子宮筋腫メニュー

子宮筋腫の基礎知識

子宮筋腫とは、子宮に出来る良性の腫瘍を言います
子宮の知識
子宮と月経

子宮筋腫の種類

子宮筋腫には、発生する場所によって幾つかの種類があります

子宮筋腫の症状

子宮筋腫は、大きくなると、子宮の周辺の下腹部にある臓器を圧迫し、影響を及ぼす事があります

子宮筋腫の検査

子宮筋腫の初期検査は、視触診から。日頃の自己管理として行なうことをお勧めします

子宮筋腫の治療

子宮筋腫だからと子宮を摘出する必要はありません

子宮筋腫の手術

子宮筋腫に関する手術の術法は、現在さまざまな方法が開発されています

子宮筋腫の予防とケア

自然なバイオリズムを崩さず、規則正しい生理周期が子宮筋腫の予防であり、ケアの基本

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
(c)子宮筋腫について学ぶ