子宮筋腫の手術

手術概要

子宮筋腫に関する手術の術法は、現在さまざまな方法が開発されて、以前のように子宮摘出手術だけと言うことはありません。

昨今の手術の主流は、子宮の保存を目的とした筋腫だけを取り除く筋腫核出術で、子宮筋腫の若年層に多発する傾向に即した術法が取られています。

通常の子宮手術は、腹式手術(開腹手術)と膣を通して行なわれる膣式手術に分かれますが、全摘と筋腫核摘出や、子宮筋腫の大きさや出来た場所によって、採用される術法が違ってきます。

子宮の全摘と筋腫核摘出の判断は、出産予定の有無によりますが、子宮筋腫の摘出のみの場合は、筋腫の再発はある程度避けられません。

膣式手術

子宮筋腫になった場合、子宮筋腫が小さくて、子宮内部でも、子宮壁など比較的表面に出来たケースの場合、開腹しなくとも、膣から手術をする膣式手術と呼ばれる術法が行なわれます。

開腹しないので開腹する手術より患者の肉体的な負担が少ない事と、手術による傷がほとんど残らず、回復がそのぶん早い等が利点と申せましょう。

ただし出産経験がない方や、膣や産道が狭い場合は、膣式手術が出来ないケースもあり、また子宮筋腫が大きい場合も同様に摘出が難しい事もあって、手術に際しては、ある程度の条件が整わなければ出来ません。

それらの条件にもまして、ある程度手術医のスキルが求められ、手術実績がない病院では膣式手術を受けることは避けるべきでしょう。

三回結紮子宮摘出術

故辻啓氏の考案による三回結紮子宮摘出術は、子宮動脈、卵巣、卵管を糸で切断して。
子宮を膣から取り出す術法で、手術時間が短く、患者に対する肉体的な負担が少ない、純国産の術法と言えます。

子宮筋腫の手術の中でも、肥大した筋腫にして合併症などで全摘出を前提とした術法と言えます。
子宮が変形もしくは、子宮が肥大化しすぎた場合は、子宮を細かく切断してから、膣外に出すやり方もあり、最高800グラムの子宮筋腫を取り出した実績がありますが、三回結紮子宮摘出術を行なえる病院はかなり限定されますので、あまり普及していないのが現状です。

子宮鏡手術

子宮鏡は子宮筋腫の検査などにも使われますが、子宮鏡の先端に電極を配して、子宮筋腫を焼ききるもので、レザーメスと同じく切開した部分からの出血が少なく、患者に対するダメージは最小限と言えます。

ただし施術できる部分や子宮筋腫の大きさが、執刀医の技術レベルによってかなり差がでます。
子宮鏡手術が適している子宮筋腫は、しょう膜下筋腫と言われるもので、子宮筋腫が林檎のようにぶら下がったもので、付け根の部分を焼ききれるだけです。

子宮内膜の下にできる粘膜下筋腫や、子宮筋と言われる子宮の壁に出来る子宮筋腫は、子宮組織に食い込むような形でできる為、高度な技術が要求されます。子宮筋腫の手術の中でも、子宮保存を前提とする場合は、最も適した術法と言えます。

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術は、膣式手術の補助的な手術で、従来膣式手術が不可能とされていた、子宮や卵巣の癒着、あるいは別の開腹手術で、子宮と他の臓器の癒着がある場合、腹腔鏡手術で、子宮と癒着した臓器を切り離すことで、膣式手術を可能にする事が出来るようになります。

腹腔鏡手術は、最小限の腹部切開で、内視鏡を使って癒着接合部の切り離しをしますから、手術中の出血も最小限に抑えることが出来ますが、技術的には通常の開腹手術より難しく、執刀医の高いスキルが要求されます。

最近では、若手医師のトレーニングのために、必要のない腹腔鏡式手術で、子宮摘出が行われる場合がありますが、むしろ危険で費用がかさむだけです。あくまで膣式手術の準備手術として、腹腔鏡手術は見られるべきです。

子宮動脈塞栓療法

子宮動脈塞栓療法は、カテーテルと言う細い管を子宮筋腫に繋がっている動脈に挿入して、その動脈を塞いでしまう療法です。子宮筋腫の秤量攻めとも言える療法ですが、子宮や卵巣に対する影響の有無は、今のところ報告されていません。

子宮動脈塞栓療法はまだ10年ほどの歴史しかなく、予後の、長期的副作用の検証にはまだ不明な点が残るものの、他の子宮筋腫の摘出手術より、再発の確率は低く、有効な治療法とし普及普及しています。

ただしCTやMRIなどの精密検査機器の整備され、カテーテルの専門医がいる病院でなければ出来ません。また子宮筋腫でも肥大化して、大きくなった場合は、子宮動脈塞栓療法を行なって筋腫自体が小さくなっても、死滅した筋腫の組織が子宮内に残ってしまう場合があります。

MRガイド下集束超音波手術

高線量の集束超音波を利用して、子宮筋腫を狙い撃ちして消滅させる手術法を、MRガイド下集束超音波手術と言います。

最先端医療で、放射線などを使っていませんから、子宮筋腫の周辺の組織を傷つけることがない安全な手術法と言えます。

また麻酔や入院の必要がなく、患者への負担もほとんどありません。手術する際の条件もなく、年齢に関係なく行なう事が出来ますが、残念ながら再発までは防げません。

最先端医療と言うことで、健康保険では認可されていませんので、外来で手術が受けられる手軽さの割には、医療費は非常に高額になってしまいます。

今後子宮筋腫の手術の主流になると思われますが、MRガイド下集束超音波の医療設備機器が高額なため、現状では大きな病院か専門病院でしか、手術は受けられません。

手術費用

子宮筋腫に関する手術費用は、手術の内容によって様々有りますが、保険適用化適用外かで費用面で大きな差が出てきます。子宮保存法を選択した子宮筋腫の手術の場合、膣式や子宮鏡手術などの手術になりますが、保険適用になりますから費用的はそれほど高くなることはありませんが、大体の相場としては20万から30万というところで、入院期間によって差異が出てきます。

子宮摘出手術では、腹腔鏡手術などで摘出する場合は、保険適用外になる場合が多く、あえて腹腔鏡手術をする必要もないのに、病院の都合で行われる場合も少なくありません。

腹式手術や膣式手術でも、あるいは一部腹腔鏡手術であっても、保険料の範囲であれば、保存方の手術費用と大差ありません。むしろ注意するのは、予後のホルモン剤などの費用が馬鹿になりません。


子宮筋腫メニュー

子宮筋腫の基礎知識

子宮筋腫とは、子宮に出来る良性の腫瘍を言います
子宮の知識
子宮と月経

子宮筋腫の種類

子宮筋腫には、発生する場所によって幾つかの種類があります

子宮筋腫の症状

子宮筋腫は、大きくなると、子宮の周辺の下腹部にある臓器を圧迫し、影響を及ぼす事があります

子宮筋腫の検査

子宮筋腫の初期検査は、視触診から。日頃の自己管理として行なうことをお勧めします

子宮筋腫の治療

子宮筋腫だからと子宮を摘出する必要はありません

子宮筋腫の手術

子宮筋腫に関する手術の術法は、現在さまざまな方法が開発されています

子宮筋腫の予防とケア

自然なバイオリズムを崩さず、規則正しい生理周期が子宮筋腫の予防であり、ケアの基本

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
(c)子宮筋腫について学ぶ