子宮筋腫の基礎知識

子宮筋腫とは、子宮に出来る良性の腫瘍を言います。悪性の子宮がんとは別物で、30歳代の女性なら、20%から30%の確率で、子宮筋腫にかかっていると言われています。そのうち手術などの治療が必要なケースは3%ほどと言われています。

子宮筋腫に関しては、今だハッキリした原因は究明されていませんが、女性ホルモンに関しての何らかの障害によると考えられています。その傷害の原因については諸説混交で、女性の出産率や環境ホルモン、食生活やストレスなど色々な仮説が立てられています。


子宮筋腫メニュー

子宮筋腫の基礎知識

子宮筋腫とは、子宮に出来る良性の腫瘍を言います
子宮の知識
子宮と月経

子宮筋腫の種類

子宮筋腫には、発生する場所によって幾つかの種類があります

子宮筋腫の症状

子宮筋腫は、大きくなると、子宮の周辺の下腹部にある臓器を圧迫し、影響を及ぼす事があります

子宮筋腫の検査

子宮筋腫の初期検査は、視触診から。日頃の自己管理として行なうことをお勧めします

子宮筋腫の治療

子宮筋腫だからと子宮を摘出する必要はありません

子宮筋腫の手術

子宮筋腫に関する手術の術法は、現在さまざまな方法が開発されています

子宮筋腫の予防とケア

自然なバイオリズムを崩さず、規則正しい生理周期が子宮筋腫の予防であり、ケアの基本

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
(c)子宮筋腫について学ぶ